弊社の動画配信はサーバを自社で作成しているため、動画に特化したシステムとなっているのが特徴です。設計ではサーバの性能によって動的に負荷分散を行い最適な配信を行います。またシステムの一部が故障してもそのまま動画配信が継続されるようになっています。従って送信コスト、保守コストを抑える事が可能となっています。

windows版は単にインストールするだけでお手持ちのマシンが配信サーバに変わります。 linux版は対象のサーバが実績のあるものの場合実行ファイルをcron登録します。その他のOSについては コンパイルして実行します。現状では16ビットから64ビットまで同一ソースで稼働しています。

wizdLiveシステムでは配信サーバ側に最適化の仕組みがあり動画の内容によらない運用が可能です。従って既にある動画フォーマットはもちろん、今後開発されるフォーマットにも対応可能です。

御社にて作業を行う現地開発とツールを利用してリモートで開発するリモート開発を行っております。またパラグアイの開発会社と提携しておりますので12時間の時差を利用した24時間開発体制が可能です。低コスト短納期の案件についてご検討ください。

株式会社新日鉄住金ソリューションズ、株式会社電通、株式会社ダイナックス等に納入実績があります。また関連会社を通してトヨタ自動車、NTTコミュニケーションズ等にも納入しております。

このサービスは消費者向けです。バーコードを入力して解析し販売会社、連絡さき、口コミ情報、 などから製品の危険情報を算出します。このような製品の短所と長所を消費者が共有するサービスです。 一方企業側はユーザがいつどこで何の商品をどんな天候のなかでチェックしたかが分かります。 これらから消費者や他社の動向が分かるシステムとなっています。

今まで検索で情報を集めていた方法が情報過多で破綻している現在で、より有益な情報を お客様に届けるような業種で有効です。ニュースのまとめ、メールの自動分類などに実績があります。