Cybele(キュベレ)は組み込みに適した軽量、高速なアプリケーションサーバです。 Linux,windowsなどの環境で動作し、組み込みのJavaScript、インメモリDBを使って制御等を行う事ができます。 追加で必要なIO関数はC++言語にて追加が可能です。

Cybeleは、Proxyサーバとしても稼働します。CybeleからCybeleへのTCP/UDP送信はパケットレベルでセキュリティチェックでき、かつ高速です。 スクリプト、エディタ、DB、バッチ、セキュリティを備え、わずか2MBの実行ファイルしかもたないCybeleはIoTの中核サーバとして様々な用途に使用できます。

概要はこちらをご覧くださいcybele:概要

Cybele:導入

1.インストール
 パッケージを任意の場所にダウンロードし解凍または実行します。これで環境設定は終了です。  linux/raspberry-piでは/var/wwwを作成し、そこでtgzを展開します。

2.起動
 windowsではフォルダ内にある、cybele.exeを起動します。
 ※セキュリティ確認画面が表示された場合は、「はい」を押してセキュリティ制限を解除してください。
 linuxでは/var/www/cybeleとフルパスで起動します。

3.終了
 タスクトレイの青い仮面マークのアイコンからEXITを選択するか
 メニューのツールからSHUTDOWNを選択してください。
同じフォルダにある。cbl.confにシステムパスワードが記載されてます。 linuxではkillall cybeleとしてください。

4.使い方
下記のクイックスタートPDFを参照してください。

5.ダウンロード
 解説資料:クイックスタートガイド(windows)
 解説資料:Raspberry-piクイックスタートガイド
 最新
グローバルip取得を弊社サイトからに変更しました。
ゼロ知識認証をプロキシーから実行できるようにしました。
 Windows版実行ファイル(2104:32ビット)
 Windows版ZIPファイル(2104:32ビット)
 raspberry-pi版ZIPファイル(2104:32ビット)
旧版
 Windows版実行ファイル(2103:32ビット)
 Windows版ZIPファイル(2103:32ビット)
 raspberry-pi版ZIPファイル(2103:32ビット)
※windows版でうまく、ダウンロード実行できない人はzipをダウンロードしてください。


詳細について知る

Cybeleについて

不明な点がありますか?

Contact us

FAQを見る

FAQ